乾燥小じわが目立つようになる冬に注意

皆さん、10月も半ばになってだいぶお肌の乾燥が気になりだす時期になりました。年齢によるシワはともかく、乾燥小じわで悩んでいる人にとっては最も憂鬱な季節ですよね。

私は今年で33歳になりますが、毎年この時期は細心の注意を払ってアイケアをしています。まず夜にお風呂に入って洗顔など一通り汚れを落として、しばらくはお風呂に使っておきます。お風呂に入っている間は水分が体にしみこんでいくので、保湿効果を高めるし、汗も出るので体の毒素が排出することができます。

お風呂から上がって、体中をよくふきます。汗が出てくると思いますが、まずは体の表面から水滴がなくなるくらいでよいでしょう。そしたらすぐに化粧水をつけます。お風呂ではさすがに顔をつけることができなかったので、ここで顔への水分補給です。

大事なのはここでアイクリームを使うことです。化粧水で水分を補給したら、アイクリームで肌へ有効成分をたっぷり送りましょう。また目元以外へは何かしらの美容液をつけます。そして最後に保湿ジェル等でしっかりとふたをしましょう。アイクリームの上にも塗って構いません。これで夜の寝る前のアイケアはお終いです。どの商品が良いか迷っている人は最高のしわに効くアイクリームを探す方法を参考にしてください。

翌朝はまたシャワーや洗顔で顔を一回すっきりさせましょう。寝ている間に汗や皮脂の汚れが貯まっているはずです。その後、昨夜に行った手順と同じようにアイケアを行います。これで日中は乾燥を防ぐことができます。

とても面倒な作業ですが、この時期うっかり手を抜くとくっきりと乾燥小じわがでてきますので、しっかりとスキンケアを継続して行うことが重要です。